スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戸井十月さんは、思っていたとおりの人でした。

面白かったよ。戸井十月さんの講演は。



 はるばる、三重県から大阪まで出てきた甲斐がありました。

 戸井十月さんの講演は、非常に面白かったですね。

 堅苦しい、政治的集会とは違って、キューバを、ゲバラを、カストロを、心底から好きになった男の、

 ロマンあふれる、なんと心温まる講演だったことか。



 講演の内容については、いずれ主催者から報告される、と思いまさすので、割愛します。



 前もって『ゲバラ最期の時』『カストロ 銅像なき権力者』を読んできたので、

 講演の中身がよく理解できました。

 戸井さんも多少、記憶力が弱まってきたのか、年代など、思い違いの部分も

 あったように思いましたが、ご愛嬌ですね。



 



 昔からの、友人付き合いのある、菅直人新総理や蓮舫を「アイツラ」呼ばわりし、

 無茶苦茶な旅をしたゲバラとその兄貴分のグラナドスを、

 さらには10人乗りのグランマ号に、80人を乗せてキューバに潜入したカストロ

 「アホとしかいいようがない」とけなすなど、型破りな口上の戸井さん。



 でも、その「アホ」を、親しみを込めて紹介するさまは、なんと生き生きとしていることか。

 自分もその「アホ」を、「ムチャクチャ」を卒業できないでいる、と言い切る戸井さんは、きっと自分を

 ゲバラやカストロの「アホ」に、ダブらせているのでしょうね。親しみを込めて



 彼は生涯、これからも旅を続けるでしょう。ちゃんちゃんこを着たオールド・ライダーとして。

 農地と動物に拘束される園長としては、本来、根っこからの風来坊のクーバフアーマーとしては、

 うらやましい限りです。

 

 「旅に病んで 夢は枯野をかけ廻る」。(芭蕉、最期の句)

 これもよき人生かな。

 



 

 戸井さんの著書は、大変読みやすいので、ぜひとも読んでみてください。

 戸井さんのホームページ「越境者通信」も見てください。

 

 また、バイクの世界レースにも挑戦するようですが、多少は御自愛を。

 とりあえずは、感想まで。

 

 

 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ワンコウォッチ[ジュエリック・シルバー]
プロフィール

    「ぎーやん」

Author:    「ぎーやん」
 定年を待たずに退職し、長年の夢だった「自給自足的生活」に、無謀にも挑戦しています。
 たった一人で、日夜、鳥獣と格闘しながら、「クーバフアーム」と名付けた里山を、試行錯誤しながら、切り盛りしています。場所は三重県の山奥。奥伊勢の一角です。
 おかげで今や、スリムな肉体に大変身。この1年で、10キロの体重減。なにやら栄養不足の影の声も・・・チラホラ?
 毎日を、上の写真のような笑顔ですごしたいものですネ。
この似顔絵は、元同僚の、招来猫子さんの作です。

連絡先 
(メール) giyan@ma.mctv.ne.jp   
   クーバフアーム所長   まで。

 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。