スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな敵(アライグマ)が出没!弓矢で撃退?

カラスとは違う、別の新たな敵が公然と出没!



 カラスに襲われたにわとりは、なんとか危機を脱したようです。

 日増しに、元気になっています。

 今日は、ドジョウやミミズのご馳走も、平らげました。

 近々、隔離部屋(小さな小箱)から、大部屋(仲間のいるにわとり小屋)に移動できそうです。



 ところが、です。

 新たな敵公然たる出没に、若干の危惧を抱いています。

 それは、何者か。

 アライグマです。

 一昨日、いつもの山道(小屋から30メートル)を歩いていると、目の前をノソノソと歩いているではありませんか。

 「こら、またんか」と、追いかけました。

 想像以上に、俊敏に、逃げました。こちらも必死です。

 あれ、一瞬姿が消えました。近づくと、マンホールがありました。

 覗くと、隠れていました。目だけが、らんらんと光っています。



 



  



 残念ながら、そのときの写真はありません。

 あとで捕まえにこようと、入り口にふたをして、いったん引き返しました。

 あとから、姪一家とともに、見に来ました。

 あれ、おらんぞ!しもた!逃げられた!不覚なり!



 出口が谷側に突き出ているので、よもやそこから逃げるとは思いませんでした。

 でも、対岸の壁に、よじ登ったあとがありました。

 アチャ、アライグマは木登りが得意なんだ。

 

 アライグマは、もともとはペットが放棄されて、いまやどんどん増殖しています。

 ブラックバスと同じです。

 雑食ですから、野菜はもちろん、果物や小動物が狙われます。

 クーバフアームも危ない。

 猫の福ちゃんは、いつも闘いを挑み、満身創痍です。

 だから、ニワトリも危ないのです。

 カラスに続き、アライグマとは。生きることは、本当に厳しい。



 姪の子、小三の時丸君の最近の関心ごとは、アライグマ退治です。

 暇があれば、「退治に行こう」と誘われます。

 そのいでたちが、これです。



 



 



 



 



 いまどき、こういうスタイルの子供はいませんよね。

 懐かしく思います。

 同時に、何とかしなければ、と悩むフアーマです。



 

 

 

 

 

 

 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ワンコウォッチ[ジュエリック・シルバー]
プロフィール

    「ぎーやん」

Author:    「ぎーやん」
 定年を待たずに退職し、長年の夢だった「自給自足的生活」に、無謀にも挑戦しています。
 たった一人で、日夜、鳥獣と格闘しながら、「クーバフアーム」と名付けた里山を、試行錯誤しながら、切り盛りしています。場所は三重県の山奥。奥伊勢の一角です。
 おかげで今や、スリムな肉体に大変身。この1年で、10キロの体重減。なにやら栄養不足の影の声も・・・チラホラ?
 毎日を、上の写真のような笑顔ですごしたいものですネ。
この似顔絵は、元同僚の、招来猫子さんの作です。

連絡先 
(メール) giyan@ma.mctv.ne.jp   
   クーバフアーム所長   まで。

 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。