スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錦ぶり祭りにいきました。

「錦ぶりまつり」に行きました。

 先日(3/20)、わが町・大紀町の「錦のぶりまつり」にいきました。

 姪と、姪の一粒種(時丸君)の3人で行きました。

 実は、錦に行くのは初めてです。

 錦は陸の孤島で、市町村合併前は錦町といわれ、よほどのことがない限り、行くことがありませんでした。

 魚は、隣の紀伊長島に行けば、何でも手に入りますから。

 驚いたことに、道路がきれいに整備され、 リゾート地と姪が言うのもうなづけます。



 クネクネの道をしばらく走ると、港が見えてきました。

 トロピカルガーデンの看板も見えます。

 会場の市場に着くと、大漁旗が迎えてくれました。

 

 



 ポスターも貼ってあります。



 



 市場の中はひと息で、熱気ムンムンです。

 どこからこんなに人があつまってきたんかな?



 



 10時開会のはずなのに、10時前からビニール袋にどっさり買い入れた人でにぎわっています。

 私たちも、先着○○名には「試食セット」提供につられて、早々と出かけました。



 10時に配られたアンケート用紙(試食引き換え券つき)をもらうのにも、長蛇の列です。

 10時半から、刺身の試食が配られました。これも長蛇の列。

 試食が並べられています。ブリの刺身とブリの味噌汁とご飯です。





   



 私はペロッと平らげました。

 もう一~2枚、アンケート用紙をもらいに行く衝動に駆られましたが、

 大阪人のがめつい根性をさらすのは恥だと思い、やめました。

 時丸君は刺身は苦手のようです。食べ残したので、私が残飯整理しました。



  



 私は「ヒロメ」200円と、「ブリのべっこう寿し」450円を買い求めました。

 「ヒロメ」というのは、ワカメに似た海藻の仲間で、熱湯で湯がいたあと、酢醤油で食べました。

 びっくりギョウタン、おいしいこと、病み付きになりそうです。



 「ベッコウ寿し」というのは、ブリを醤油に漬けて、チラシ寿司に乗せたものです。

 錦の郷土料理ですが、これもまたおいしいこと。



 

 

 

 



 ぶりは一匹6000円で販売されていました。

 通常は10000円するそうです。



 





 セリ市のジャンケンポンで、わずか1000円で購入できた幸運な人もいました。

 このアワビは1000円でせり落とされました。

 





 活気があってよかったと思います。

 ただ会場の中に、自*党と公●党の選挙対策用の宣伝ポスターが

 これ見よがしに貼ってあったのには、興ざめしましたが・・・。

 



 





 

 

 

 



 



 



 







 

 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ワンコウォッチ[ジュエリック・シルバー]
プロフィール

    「ぎーやん」

Author:    「ぎーやん」
 定年を待たずに退職し、長年の夢だった「自給自足的生活」に、無謀にも挑戦しています。
 たった一人で、日夜、鳥獣と格闘しながら、「クーバフアーム」と名付けた里山を、試行錯誤しながら、切り盛りしています。場所は三重県の山奥。奥伊勢の一角です。
 おかげで今や、スリムな肉体に大変身。この1年で、10キロの体重減。なにやら栄養不足の影の声も・・・チラホラ?
 毎日を、上の写真のような笑顔ですごしたいものですネ。
この似顔絵は、元同僚の、招来猫子さんの作です。

連絡先 
(メール) giyan@ma.mctv.ne.jp   
   クーバフアーム所長   まで。

 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。