スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だまし絵展に行ってきました。

「だまし絵展」に行ってきました。 



 大阪に車検に行ったついでに、ヘアーデザイナーのジュンさんに誘われて、

 神戸の「兵庫県立美術館」(ここは、あの有名な建築家・安藤忠雄の設計)

 で開催されている 「だまし絵展」に行ってきました。



 平日だったので、それほど混んでいませんでしたが、それでも

 並ばないと見えない人気どころが、随所にありました。

 「だまし絵」といわれている作品が、100点以上展示されていました。

 会期は、8月26日から11月3日までです。

 10月15日で20万人を突破したそうですから、かなりの人気です。



 写真は、建物の入り口前の風景です。



 

 壁一面に、つたが茂っています。



 

 この美術館は、展示された作品だけでなく、建物自体が作品のようです。

 随所に、不思議な場所があります。

 特に階段が・・・・。





 

 この作品は、ジュゼッペ・アルチンボルドの傑作です。

 50種以上の野菜や果物、花で肖像を形作っています。

 鮮明でないので、わかりにくいでしょうが、ほっぺたはリンゴですよね。

 筋肉隆々の胸板はかぼちゃです。等々・・・・・。

 日々野菜をいじっている私にとっては、本当に見ていて楽しいです。

 同じように、すべて魚やカニなど、水の生物で構成されている肖像画もありました。 

 

 

 日本にも、同じようなトリックを持った作品があるんですよね。

 これは、江戸時代の浮世絵師・歌川国芳(ウタガワクニヨシ)の作品です。

 残念ながら歌川の作品は、すでに展示場からは撤去されていました。

 よく見ると、大勢の小さな人が集まって、一人の大きな人間を描いています。

 じっくり見たら楽しいですよ。

 上の作品は「みかけはこはゐが とんだいゝひとだ」という作品です。

 鼻なんぞはお尻ですよね。

 眉毛はふんどしだと思いますが・・・?



 というように、会場でも、ああやこうや、という珍説の解説が飛び交っていました。

 それを、聞き耳立ててひそかに聞いているのも、また楽しきかな。

 指をさして「ああやこうや」と言おうものなら、女警備員が、すつとんきょうな声を出して

 かけ散じてきます。「ダメ ダメ ダメヨ!」なんて。

 別に触ろうとしてんやないで!指さしただけやんか!

 会場内はもちろん、写真禁ですから、これ以上は伝えられません。

 今の私には、「図録」を買う余裕はないので、

 見たい人は自分で行ってください。11月3日までですよ。入場料は1300円です。



  



   

 会場の外がまたいいね。山側は六甲山。海側は瀬戸内海、神戸港

 阪神・淡路大震災からの「文化の復興」のシンボルとして2002年に建てられた

 この美術館。西日本では最大級だそうです。 

 カップルで行くのもよし。一人でいくのは、なおよし。よしなに、して。

 

  

 



 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ワンコウォッチ[ジュエリック・シルバー]
プロフィール

    「ぎーやん」

Author:    「ぎーやん」
 定年を待たずに退職し、長年の夢だった「自給自足的生活」に、無謀にも挑戦しています。
 たった一人で、日夜、鳥獣と格闘しながら、「クーバフアーム」と名付けた里山を、試行錯誤しながら、切り盛りしています。場所は三重県の山奥。奥伊勢の一角です。
 おかげで今や、スリムな肉体に大変身。この1年で、10キロの体重減。なにやら栄養不足の影の声も・・・チラホラ?
 毎日を、上の写真のような笑顔ですごしたいものですネ。
この似顔絵は、元同僚の、招来猫子さんの作です。

連絡先 
(メール) giyan@ma.mctv.ne.jp   
   クーバフアーム所長   まで。

 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。