スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

趣味の木彫り(その2)

手持ちの木彫り作品の紹介(その2)



 今日は朝から、南紀特有の大雨。

 今は少し小ぶりになってきました。

 こういう日は、のんびりするに限ります。 

 ということで、「手持ちの木彫り作品」の紹介の第2弾です。



 アイヌの熊の彫りものはかなり有名ですね。

 これは、アイヌ作品かどうかは不明ですが、

 かなりお気に入りの、「熊の全体像」です。

 牙が本物ぽいです。小さな子は、きっと怖がりますよ。

 でも、目がかわいいかも。

 かなり重いです。

 

 

 



 



 これは「熊マスク」ですね。

 きっとアイヌ作品でしょう。

 これも、ずっしりとして重いです。

 骨董市で入手したものばかりなので、作者もなにもかも不明です。

 でも、迫力があります。

 



 



 これは有名な「アイマスク」です。

 アイヌの酋長の顔です。

 最初は、何かまったくわからないまま、逆さにして飾ってありました。

 ある日、突然ひらめいて、さかさまにしたら、酋長の顔になりました。



 



 



 これは典型的なアイヌの「アイマスク」ですね。

 北海道のみやげ物店では、どこにでもあります。

 迫力の点では、上の作品には負けます。





 



 これも「アイマスク」の部類だと思います。

 高さ50センチぐらい。

 独特な作品で、大好きです。

 ノミでコツコツ彫っている様が、目に浮かんできます。

 みやげ物店では、多分入手できないでしょう。





 



 アイヌ作品は、全体として、厳しい表現のものが多い気がします。

 これも、弾圧され続けた、歴史的な思いが込められているのでしょう。

 気が重くなった方のために、韓国のお面を一つ紹介します。

 娘の友人が、これを見て笑い転げていました。



 



  付け足しで、「猿の腰掛」を紹介。



 



 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ワンコウォッチ[ジュエリック・シルバー]
プロフィール

    「ぎーやん」

Author:    「ぎーやん」
 定年を待たずに退職し、長年の夢だった「自給自足的生活」に、無謀にも挑戦しています。
 たった一人で、日夜、鳥獣と格闘しながら、「クーバフアーム」と名付けた里山を、試行錯誤しながら、切り盛りしています。場所は三重県の山奥。奥伊勢の一角です。
 おかげで今や、スリムな肉体に大変身。この1年で、10キロの体重減。なにやら栄養不足の影の声も・・・チラホラ?
 毎日を、上の写真のような笑顔ですごしたいものですネ。
この似顔絵は、元同僚の、招来猫子さんの作です。

連絡先 
(メール) giyan@ma.mctv.ne.jp   
   クーバフアーム所長   まで。

 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。