スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「京都国際マンガミュージアム」の紹介

        京都の「マンガ博物館」を紹介します。

先月の中旬に、京都のマンガ文化の総合博物館」に行ってきました。
正しくは「京都国際マンガミュージアム」といいます。
Mjukaのヘアデザイナーのjyunさんに誘われました。

とても、ユニークな「ミュージアム」でした。

建物は、まるで学校ですネ。
それもそのはず、元小学校だったそうです。
1869年に、区民の寄付によって開校された「龍池小学校」というそうです。
廃校にされた跡地を、「ミュージアム」として、復活されました。

我が町にも、かってはミニ博物館の「昆虫館」がありました。
それを、今の「土建屋町長」が、「財政削減」を口実に、閉鎖してしまいました。
それを思うと、小学校跡地を、ミュージアムに再建された方の、
ツメのあかを、文化とは無縁の「土建屋町長」に飲ませてやりたい。
口をこじあけてでも・・・。ハハハ・・。

CIMG4805.jpg

CIMG4806.jpg

CIMG4804.jpg

「MANGA」(まんが)と言う言葉は、すでに国際語らしいデス。
看板を見てください。「MANGA MUSEUM」ですよ。
つまり、日本のマンガは、世界中で読まれているのです。
もちろん、各国には、それぞれ独自のマンガはあるのですが、
日本のマンガはそれらを配架しています。恐るべし、日本のマンガ文化。

全館に書庫が張り巡らされ(全長200メートル)、あるはあるは、5万冊のマンガ本が。
これだけ読むのに、何年かかるやら。一生涯では、多分、無理かも。
1階が少年マンガ、2階が少女マンガ、3階が青年マンガ。
各階とも、作者名順に並べられています。
晴れた日には、グランドで寝そべって読めます。

P1040199_convert_20101006135303.jpg

このミュージアム。単にマンガ本を読むところでは、ありません。
それだったら、マンガ喫茶の大型版でしか、ありませんからネ。
れっきとした「博物館」であり、「図書館」なのです。
実に30万点ものマンガ資料も所蔵し、研究閲覧室では、閲覧することも可能です。
土・日・祝日には、「マンガ制作の実演コーナ」や、「ワークショップ・似顔絵」の催しもあります。

私が高校生時代に熱中した、懐かしきマンガ雑誌『ガロ』も、全巻そろっていました。
白土三平の『カムイ伝』用の雑誌でしたが、連続テレビドラマで一躍有名になった、
水木しげるの『鬼太郎夜話』(鬼太郎シリーズ)も『ガロ』載せられていましたヨ。

CIMG4803.jpg

このミュージアム。実は京都精華大学が提案し、大学と京都市が共同で研究し、
地域住民の積極的な協力の下で、2006年に開館しました。
どおりで、アカデミックなはずです。しかも、まだ新しいのですね。

私たちが行った日も、外国人がたくさんおられました。
受付嬢も、英語ペラペラでした。さすが、文化国際都市、京都です。
世界各国の漫画もあるのですから。
語学の勉強には、かなりいいかも?


CIMG4802.jpg

CIMG4801.jpg

館長は、かの有名な養老孟司(ようろう たけし)」さんです。
著書『バカの壁』は、かなり売れているみたいですネ。印税が、バカみたいに、がっぽガッポ?

昔、東大の助手時代に『全共闘』にかなりいじめられたみたいで、
左翼に対しては、若干、いびつな思想の持ち主ですが、
「昆虫採集」が趣味とかで、子供的大人という感じの方です。


ホールには、こんなコーナもありました。
なお入場料は500円です。休館日は、水曜日。午前10時から午後6時まで。

CIMG4800.jpg

追記。

姪に漫画を借りたら、ハングル版でした。
中国語に堪能だとは聞いていましたが、ハングルまで読めるとは。
ただものではナイと思っていましたが・・・・・。

CIMG5174.jpg

CIMG5175.jpg

CIMG5176.jpg





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ワンコウォッチ[ジュエリック・シルバー]
プロフィール

    「ぎーやん」

Author:    「ぎーやん」
 定年を待たずに退職し、長年の夢だった「自給自足的生活」に、無謀にも挑戦しています。
 たった一人で、日夜、鳥獣と格闘しながら、「クーバフアーム」と名付けた里山を、試行錯誤しながら、切り盛りしています。場所は三重県の山奥。奥伊勢の一角です。
 おかげで今や、スリムな肉体に大変身。この1年で、10キロの体重減。なにやら栄養不足の影の声も・・・チラホラ?
 毎日を、上の写真のような笑顔ですごしたいものですネ。
この似顔絵は、元同僚の、招来猫子さんの作です。

連絡先 
(メール) giyan@ma.mctv.ne.jp   
   クーバフアーム所長   まで。

 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。