スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハリガネムシ」(?)と、初対面


    なんだあ!これは! 「ハリガネムシ」か(?)


 フアーム近辺には、奇妙な生き物が、たくさんいますネ。関心します。

 姪が呼ぶのでいくと、谷川から引いている水を貯水しているポリ容器に、
 変な「生き物」がいます。なんじゃ、これは・・・?
 25センチぐらいの、ひも状の、「生き物」です。
 気色わるいですね。

 同世代の皆さん。昔の「回虫」を、思い出しませんか?
 おっと、「検便と虫下し」の、下ねたの、古い話は、止めておこう。

 

 

 どうも、以前に見た「コウガイビル」では、なさそうです。
 (下の写真は、7月のコウガイビルです。)
 今回のは、もっと、シンプルです。

 

 姪は、「ハリガネムシ」に似ているけど、それとも違うみたいだ、と言います。
 いずれにしろ私は、初めて見る「生き物」なので、区別のしようがありません。
 新種ならば、大発見なのでしょうが、一応「ハリガネムシ」ということに、しておきます。

 フアーマなのに、全然知らないので(面目ない)、少しだけ調べました。

                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「ハリガネムシ」は、水中に産卵するようです。<
 卵が孵化(ふか)し、幼虫は水と一緒に「水生昆虫」に飲み込まれます。
 そこに、寄生します。
 その宿主である「水生昆虫」が、カマキリなどの陸上生物に捕食されると、
 その体内で、成虫になるまで「寄生生活」をおくります。
 寄生された昆虫は生殖機能を失うそうです。 なんと、可哀相な・・・。

 成虫になると、何らかの方法で宿主から出ます。

 (写真は、バッタのお尻の穴から、ニョロニョロと、脱出しているところです。写真は無断借用。)

 

 そして、池や沼、流れの緩やかな川などの水中で、自由に生活し、交尾・産卵を行ないます。

 まるで、「髪結い亭主」、「極楽トンボ」ですね。

 「宿主」を、水辺の近くまで誘導する不思議な能力(?)があるようですが、
 陸上生物に寄生した場合は、水中に脱出する機会に恵まれず、
 陸上でそのまま乾燥してしまうケースも少なくないようです。

 乾燥すると、外見が「錆びた鉄の針金」のようになり硬くなり、

 水を浴びると、元に戻ります。
 ここらあたりから、「ハリガネムシ」と、命名されたのかな?
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 一応、飼っていますが、どうなることやら・・・。
 交尾・産卵を、ぜひとも見学したいのですが・・・ネ。
 一匹だけでは、無理か。

 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ワンコウォッチ[ジュエリック・シルバー]
プロフィール

    「ぎーやん」

Author:    「ぎーやん」
 定年を待たずに退職し、長年の夢だった「自給自足的生活」に、無謀にも挑戦しています。
 たった一人で、日夜、鳥獣と格闘しながら、「クーバフアーム」と名付けた里山を、試行錯誤しながら、切り盛りしています。場所は三重県の山奥。奥伊勢の一角です。
 おかげで今や、スリムな肉体に大変身。この1年で、10キロの体重減。なにやら栄養不足の影の声も・・・チラホラ?
 毎日を、上の写真のような笑顔ですごしたいものですネ。
この似顔絵は、元同僚の、招来猫子さんの作です。

連絡先 
(メール) giyan@ma.mctv.ne.jp   
   クーバフアーム所長   まで。

 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。