スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ビキニ環礁」が、世界遺産に??!!

なんと、「ビキニ環礁」が、世界遺産に!!



 ニュースで「ビキニ環礁が、世界遺産に」、と。(下に記事引用)

 エ!、世界遺産?なんでや?

 フーム。まあ、「負の遺産」という意味では、そうかなあ?

 アメリカが犯した、人類を「死の灰」の恐怖に落とし込めた「核犯罪」の歴史的な場所。それが、ビキニ環礁



 でも、クーバフアームのある、『熊野古道ー世界遺産』とは、全然、歴史的意味合いが違うだろうね!

 わいわい、がやがや、いいながら、楽しむ場所では、絶対にないだろう。



 8月6日と9日の広島・長崎の原爆投下については、私も含めて、大いに語るが、

 3月1日の「ビキニ水爆実験」と、「第五福竜丸」を中心とする、856隻の日本の漁船数千人の乗組員の被爆

 については、えてして、記憶の片隅に追いやられがちである。

 だから、今回の「世界遺産のニュース」は、再度みんなの関心に引き寄せた、という意味では、意義があるだろうね。





 

                       8月2日6時41分配信 時事通信



 【パリ時事】国連教育科学文化機関(ユネスコ)は1日、ブラジルで開かれた世界遺産委員会で、冷戦期に米国が核実験を行ったマーシャル諸島のビキニ環礁について、世界遺産(文化遺産)への登録を決めたと発表した。

 米国は1946年から58年にかけて、当時国連の信託統治領だった同諸島のビキニ環礁周辺で計67回の核実験を実施。54年3月の水爆実験では、公海上で操業していた遠洋マグロ漁船「第五福竜丸」の乗組員らが被ばくした。

 ユネスコはビキニ環礁が「核兵器の威力を伝える上で極めて重要な証拠」と指摘。「平和な地上の楽園というイメージとは裏腹に、核時代の幕開けの象徴となった」としている。 





 私が、「ビキニ水爆実験」や、「第五福竜丸」について語る、知識も、教養もないので、皆さんは、この機会に

 是非、自分で調べて下さい。



 ただ、私の手元に一冊の本があります。

 これは、『ビキニの海は忘れない』という、題名の本です。(1988.3.1 第一冊印刷)



 



 四国は高知、宿毛湾で有名な、幡多(はた)郡の公立高校9高の生徒たち(幡多ゼミ)が自主的に行った

 「ビキニ水爆被災漁船の調査活動」の報告を元に、高校の教諭4名が執筆した本です。

 この本には、感銘しました。他の本を読んだわけではありませんが、とにかく感銘しました。



 特に印象的なのは、「3・1ビキニ水爆実験」で被爆し、今なお苦しんでいる人々は、

 「第五福竜丸」だけでなく、日本全国856隻の漁船と数千人の乗組員

 さらにはマーシャル諸島の幾百千の人々の存在、という事実でした。

 (もっといえば、調査研究活動に携わった研究者や下請けの労働者の被曝者の存在)

 到底、詳しく紹介する、余裕も、能力も今の私にはないので、この本を読んでください。



 そして、今回のニュースで突如、「画家 岡本太郎を思い出しました。

 岡本太郎は、Mjukaのヘアデザイナーjunさんの、大フアンの一人なのです。

 実は、太郎さん。「ビキニ水爆実験」をモチーフに、大作を描いているのです。

 それは、『明日の神話』という、巨大な壁画です。

 縦5.5メートル、横30メートル。

 いろんないきさつがあって、(詳しくは、上のタイトルをクリックしてください。)現在は東京都渋谷区、渋谷マークシティの

 京王井の頭線渋谷駅とJR渋谷駅を結ぶ連絡通路に常設されています。



 



 



 



 



 



 悲惨な体験を乗り越え、再生する人々のたくましさを描いたようです。



 大阪万博の「太陽の塔」に並ぶ、岡本の代表作です。



 もともとは、メキシコに建設されるホテルのために制作しましたが、

 依頼主の経済的事情で作品の所在は不明となっていました。

 2003年9月、偶然メキシコ国内の倉庫で発見されました。

 岡本のパートナーである、岡本敏子が確認作業を行ない、

 修復のため、100個以上に分かれた壁画の断片を日本に船で移送し、

 2005年7月から絵画の修復を開始、2006年6月に修復が完了しました。



 修復した壁画は、「太陽の塔」がある大阪府吹田市をはじめ、被爆地である広島市、長崎市の市民団体、

 及び東京都渋谷区が、それぞれ誘致運動を行っていましたが、2008年3月18日、東京への恒久設置を決め、

 今日に至っています。



 広島、長崎、そしてビキニ。

 8月は、この3度にわたる被爆(被曝)経験を思い起こす、月間にしようでは、ありませんか。







関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ワンコウォッチ[ジュエリック・シルバー]
プロフィール

    「ぎーやん」

Author:    「ぎーやん」
 定年を待たずに退職し、長年の夢だった「自給自足的生活」に、無謀にも挑戦しています。
 たった一人で、日夜、鳥獣と格闘しながら、「クーバフアーム」と名付けた里山を、試行錯誤しながら、切り盛りしています。場所は三重県の山奥。奥伊勢の一角です。
 おかげで今や、スリムな肉体に大変身。この1年で、10キロの体重減。なにやら栄養不足の影の声も・・・チラホラ?
 毎日を、上の写真のような笑顔ですごしたいものですネ。
この似顔絵は、元同僚の、招来猫子さんの作です。

連絡先 
(メール) giyan@ma.mctv.ne.jp   
   クーバフアーム所長   まで。

 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。