スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日(7/18)は「ネルソン・マンデラの日」

今日(7/18)は「ネルソン・マンデラの日」です。



  暑い。梅雨明けのあとは、灼熱地獄。暑い!!暑い!!

  朝は、太陽が高く昇る前の、6時から9時までが勝負。この時間に、畑仕事を終えないと・・・。



  いつものように、熱中症対策のため、休憩をかねて、冷たいお茶を、ラジオを聞きながら、飲んでいると

  NHKのアナウンサーが、「今日は、ネルソン・マンデラの日です。」と言う。??

  そんな日があったけ?

  よく聞くと、なんと、今年が第一回目だそうです。へー。驚き!国連が定めたとか。

  ウソじゃない証拠に、ニュースそのものを引用しておきます。



  下の写真は、1998年の大統領時代のものです。

  



  初のネルソン・マンデラの日

                          NHKニュース 7月18日 10時2分 動画あり



 7月18日は、南アフリカで人種隔離政策=アパルトヘイトの撤廃運動を率いた

ネルソン・マンデラ氏をたたえようと、国連が定めた「ネルソン・マンデラの日」です。

国連のパン・ギムン事務総長は、「道を示し、世界を変えたマンデラ氏に心から感謝しよう」

とするメッセージを発表しました。



 アパルトヘイトの撤廃運動を率いたネルソン・マンデラ氏は、27年にわたる獄中生活を経て

南アフリカ初の黒人の大統領に就任し、340年余り続いた白人支配に終止符を打ちました。

国連は、この功績をたたえて去年11月、マンデラ氏の誕生日にあたる7月18日

「ネルソン・マンデラの日」として、人種差別への反対や国際平和を呼びかけていくことを決めました。

 そして、今回初めて迎える「ネルソン・マンデラの日」にあわせて、ヨハネスブルクにあるマンデラ氏の自宅には、

100人もの子どもたちが訪れ、いっしょに歌を歌ったりしてマンデラ氏の92回目の誕生日を祝いました。

 この日にあわせて国連のパン・ギムン事務総長は「マンデラ氏は崇高な慈悲の心を体現した人物だ。

彼は道を示し、世界を変えた。その偉業に心から感謝しよう」とするメッセージを寄せました。



 世界各地ではマンデラ氏の功績を振り返る写真展や映画の上映会など、さまざまな催しが行われているということです。









 私も、病院務めの時代に、少しだけこの運動に関わりました。

 南ア製品の不買運動に参加したり、『遠い夜明け』という映画会をやったり、

 また反アパ運動の指導者を、院内に迎え、講演会ももたれました。

 でも20年も経つと、記憶がホトンド跳ん飛んででいますがね。

 当時お世話になった、東大阪の反アパの方たちとも、いまや疎遠になってしまいました。

 

 一つだけ、はっきり覚えています。しょうもない下種話で、恐縮ですが・・・。

 講演会の後の、歓迎食事会のことです。

 当時の労働組合の委員長が(現在は病院長ですが)、自己紹介で「マイ ネイム イズ ナカタ」

 と言った時のことです。クスクスと笑うのです。

 何が、おかしいねん?

 よくよく通訳から事情を聞くと、ナカタとは南アフリカでは、女性器の事だと言うのです。

 もう、苦笑するしかあるめえ。大声で「私は、女性器です。」なんて、言うもんだから・・・。

 病院長さん、覚えていますかねえ?

 

 さて、マンデラさん。今から20年前の1990年10月28日、大阪にやってきました。

 大阪の「扇町プール」(今は改築されましたが)で、大規模な歓迎集会が催されました。(下の写真)

 当然、私たちもこぞって参加しました。



  これは、来日を記念しての「バンダナ」「箸入れ箱」です。













 この3年半後には、選挙で勝ち、大統領になりました。

 5年勤めたあとは、政界から引退しました。 

 

 



 大統領就任中は、現在もですが、南アはかなり厳しい現状のようです。

 30%の失業率、日本の10倍の犯罪数、妊産婦の30%弱がエイズに感染、15歳から49歳のエイズ感染率は、

 なんと22%。国民の4~5人に一人 がエイズ感染者です。等々。



 でも、サッカーW杯は、どうにか成功したようですね。

 マンデラさんも、誘致に向けて相当陰で尽力されたようです。

 サッカーW杯の閉幕式に参加された様子が、記事にでていました。引用しておきます。



マンデラ氏が閉幕式出席







閉幕セレモニーに出席した南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領(左)とグラサ・マシェル夫人(共同)



 南アフリカの「人種融和」の象徴でノーベル平和賞受賞者のネルソン・マンデラ元大統領(91)が11日、ヨハネスブルクのサッカーシティー競技場で開かれた南アW杯の閉幕セレモニーに出席し、観客らに手を振ってあいさつした。



 マンデラ氏はカートに乗って競技場の中央に現れ、約5分間、観客席に満面の笑みを振りまいた。発言はしなかったが、マンデラ氏の姿に大きな拍手がわいた。



 マンデラ氏は南ア国民に絶大な人気を誇り、6月11日の開幕セレモニーでも出席するかどうかが国民の高い関心を集めていた。しかし、ひ孫の少女(13)が前日の10日夜、交通事故で死亡。同氏は「式典に参加するのは不適切」と判断、欠席していた。




 カストロといい、マンデラといい、90歳前後の方が、これだけ頑張っている。

 50歳代は、まだヒヨコか?


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ワンコウォッチ[ジュエリック・シルバー]
プロフィール

    「ぎーやん」

Author:    「ぎーやん」
 定年を待たずに退職し、長年の夢だった「自給自足的生活」に、無謀にも挑戦しています。
 たった一人で、日夜、鳥獣と格闘しながら、「クーバフアーム」と名付けた里山を、試行錯誤しながら、切り盛りしています。場所は三重県の山奥。奥伊勢の一角です。
 おかげで今や、スリムな肉体に大変身。この1年で、10キロの体重減。なにやら栄養不足の影の声も・・・チラホラ?
 毎日を、上の写真のような笑顔ですごしたいものですネ。
この似顔絵は、元同僚の、招来猫子さんの作です。

連絡先 
(メール) giyan@ma.mctv.ne.jp   
   クーバフアーム所長   まで。

 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。