スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼鷲~琉球王尚巴志伝~ 東京・大阪公演決定

現代版組踊絵巻 

 鬼鷲(うにわし)~琉球王尚巴志伝(しょうはしでん)~ 

東京・大阪公演決定


 

 今日、朝5時半に、いつものように『みのもんたの朝ズバッ!』を見ていると、

 みのもんたが「今日(7月14日)は、あの日ですね」と言う。???

 何の日だっけ?

 「あの日ですよ。フランス革命の記念日ですよ」と言う。そうか、あんたは、偉い

 寝ぼけ眼なのに、開口一番に、「フランス革命記念日」を指摘するとは。参った。

 1789年のバステイーユ牢獄の襲撃から、フランス全土に広まった、フランス革命。

 「民主主義」を語る上で、よけて通ることのできない歴史である。

 みのもんた、に負けるとは、つらい。

 でも、これを論じる能力と余裕は、ないので、またの宿題にしときます。

 



 さて、今日、いつものように、NHKラジオ第一の「ラジオビタミン」の

 「ときめきインタビュー」を聞いていたら、

 以前、私のブログでも紹介した、今、沖縄で、若者に圧倒的に人気のある人物、

 現代版組踊 『肝高(キムタカ)の阿麻和利(アマワリ)』 の演出家、

 平田大一(ヒラタ・ダイイチ)さんが出演していました。 

 1時間ほど、さまざまなことを語ってくれました。

 文化で、地域を活性化させた人物として、全国の教育関係者が、

 最大の関心を持って、注目している人物です。

 声だけ聞いていると、あの宮崎県の知事ソックリでした。



 



 彼の半自伝のドラマ「キムタカ」が、

 沖縄で放映されました。本土では、残念ながら放映されていないようです。

 著書「キムタカ」は手に入るので、是非購読してください。



 



 彼は沖縄に新たな文化を、それこそ「革命的」ともいえる文化を、作り上げようとしている、

 いや、作り上げた、人物です。

 これまでの観客動員数、実に11万人。驚くしか、ありません。

 みんな、地元沖縄の小・中・高校生が、演じているのです。



 不登校の子が、学校に行くようになった。

 将来の目標を持てなかった子供が、変わっていった。

 大人たちも、変わっていった。

 地域が再生していった。



 その彼が、新たな現代版組踊絵巻「鬼鷲~琉球王尚巴志伝」を、引っさげて、 東京と大阪にやってくるというのです。



 この機会を逃す手はありません。今すぐに、チケットを購入しよう。

 私は、早速インターネットで、吹田のチケットを予約しました。

 まだ、間に合うようです。

 見る価値がある、と断言できます。だまされたと思って、買いましょう。



  8月8日(日)大阪・吹田公演



 時間  18時30分開演

 場所   メイシアター(吹田市文化会館 大ホール)

       大阪府吹田市泉町2丁目29番1号

       入場料金 4,500円(全席自由席)

 主催   吹田市・吹田市教育委員会     

 共催   「尚巴志伝」吹田公演実行委員





 8月10日(火)大阪・松原市公演



 時間  18時開演(17時30分開場) 

 場所   松原市文化会館 

        

       入場料金 

       前売り 大人2000円 高校生・大学生1000円 中学生以下500円 

       当日  大人2500円 高校生・大学生1300円 中学生以下700円 



 主催   松原市・(財)松原市文化情報振興事業団  

 販売   6月12日(土) 午前9時から、松原市文化会館・ゆめ二ティプラザ・ふるさとぴあプラザ

 問合せ 松原市文化会館





 

  8月12日(木)東京公演



 時間  [昼の部] 開場14:00 開演14:301

      [夜の部] 開場18:30 開演19:00

       (S席5,000円)(A席4,000円)



 場所   よみうりホール(有楽町・ビックカメラ7F)

       東京都千代田区有楽町1-11-1 読売会館7階

  連絡  尚巴志伝 東京公演事務局

       東京都豊島区東池袋3-1-3ワールドインポートマート6F(株式会社セットアップ内)

       TEL:03-5954-8037 FAX:03-5954-8028 E-maiI: shohashi@setup-co.com



















 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ワンコウォッチ[ジュエリック・シルバー]
プロフィール

    「ぎーやん」

Author:    「ぎーやん」
 定年を待たずに退職し、長年の夢だった「自給自足的生活」に、無謀にも挑戦しています。
 たった一人で、日夜、鳥獣と格闘しながら、「クーバフアーム」と名付けた里山を、試行錯誤しながら、切り盛りしています。場所は三重県の山奥。奥伊勢の一角です。
 おかげで今や、スリムな肉体に大変身。この1年で、10キロの体重減。なにやら栄養不足の影の声も・・・チラホラ?
 毎日を、上の写真のような笑顔ですごしたいものですネ。
この似顔絵は、元同僚の、招来猫子さんの作です。

連絡先 
(メール) giyan@ma.mctv.ne.jp   
   クーバフアーム所長   まで。

 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。