スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

趣味の木彫り(その1)

木彫り大好き人間です



 趣味はいろいろあります。

 「お面」が好きだと、以前書きましたが、「木彫り」も大好きです。

 まだ、自分の作品はありませんが、手持ちの一部を紹介しましょう。

 今回は第一弾です。





 これは、多分達磨(ダルマ)像だと思います。

 15センチぐらいの、一本の木を手彫りしたようです。

 宮本武蔵作の「正面達磨図」は、愛嬌があって大好きですが、

 この木彫りは、小さい割には少し凄みがあります。









  我がフアームのある村(合併して今は町)は、酪農が主要な産業です。

 「大内山牛乳」という名で、かなり名前は売れているようです。

 大阪でも、飲めるところがあるようですね。某生協が取り扱っています。



 私も、がきの頃は肉牛の世話をしていました。

 だから、小屋の前にはサイロがまだ残っています。

 最近、サイロで死亡事故があったことが報じられていますが、

 我がサイロでは、 イノシシの転落事故がたまにあります。



 というわけではありませんが、牛はかなり好きで、牛の木彫りを沢山持っています。

 牛では、この木彫りが一番の、お気に入りです。

 筋肉隆々で、躍動感をみなぎらせています。

 オスです。ペ**もついてます。ペ**の先に一輪挿しを置いてあります。

 











 これは中国の武将みたいですね。

 大きな木の根の上に、武将の顔がちょこんとあります。

 すべて、一本の木です。かなり重いです。

 大きさは、高さ40センチ、奥行き20センチです。

 すばらしい作品だと思います。



 



 この作品も絶品です。

 多分中国の作品ではないでしょうか。

 高さは1メートルぐらいです。

 仙人のようです。

 



 



 



 これは手の平にのるくらいの大きさです。

 頭が長くて、なでているのでツルツルです。

 かわいい2体です。多分、中国の人物像。

 



 



 最後につけたしで、私の焼き物のカップです。

 「cuba」「義やん」の彫り物がかわいい。





 



 

 



 



 



 



 
スポンサーサイト

枝木の伐採もフアームの仕事

枝木の伐採でフアームに太陽のエネルギーを



 フアームは山のすぐそばにあります。

 だから、木が成長するにつれ、太陽の光が徐々に減りつつあります。

 耕作放棄地の一部は、それが原因です。

 なるべく太陽の光を畑に届けたい。畑を明るくしたい。

 今日は、フアームの周りの枝木を一日中、伐採しました。

 もちろん、自己所有物の木ですから、 犯罪ではありませんよ。念のため。

 これら枝木は、枯れたら大事な燃料になります。風呂場と炊事場の。

 

 

 

 

 フアームの山側は「しきみ」に囲まれています。



 伐採した枝木のあった大木の下には「しきみ」がびっしり生えています。

 「しきみ(樒)」は知っているよね。

 そう、墓参りに持参する、あの木です。

 これは花から葉、実、根、茎に至るまですべてが有毒です。

 特に果実は、食べたら死にますよ。

 植物では唯一「劇物」に指定されているぐらいですから。

 でもね、この木、いい匂いがしますねん。香木ですわ。

 この木にフアームが囲まれているわけです。

 

 

 何で、この木枝を墓に供えるのかって。

 そう、毒があるから。動物の墓荒らしから、防衛するためだったらしい。

 昔は土葬だったからね。

 でもね、このしきみの下をくぐって、毎夜、鹿やイノシシがやってきますねん。

 憎いね。ほんまに毒があるんかいな?食べたろか!やっぱ、やめとこ。

 写真に写っているカゴらしきものは、罠です。まだ、一度もかかっていませんが。



 干し柿つくりにも挑戦しました。



 枝伐採の休憩時間に、干し柿つくりに挑戦しました。

 おそらくこうすればいいんだろう、という、かなりいい加減なやり方です。

 多分渋柿だろう、というこれもまたいい加減な憶測で、

 柿の皮をむいて、棕櫚(シュロ)の葉をひも代わりに、二つくくりにして

 軒先に干しました。

 きっと、いやたぶん、おそらく、おいしく出来上がるでしょう。

 

 

 



 我が小屋の前には、バナナの木(?)があります。

 まだ、一度も食べたことがありませんが。

 ほんまに、バナナかな?どうもうさん臭いけど・・・。

 

 

 

 

 

 



   

 



 

 

スズメバチがブンブン

多いね!スズメバチが。

 熟した柿の実を、スズメバチと競争して取り合いしています。

 私の大事なおやつですから。

 ここには写っていませんが、木の上ではブンブンブン。







 においの強い物に群がってくるようです。

 小屋の裏の、いいにおいのする植物にもごらんのとおり。

 

 



 フアームに来るときは、香水をつけたら、危ないで!

 刺されても、わしゃ、しらんで!



 神社にも巨大なスズメバチの巣が!



 昨日、墓参りに来るという、二人のおばを迎えに「梅ケ谷駅」に行きました。

 少し時間があったので、隣の神社を散歩しました。

 なんと、巨大なスズメバチの巣が、神官の住居らしき玄関に。

 スズメバチが群がっています。

 神社では殺生したらあかんのかなあ?

  蜂と共生してるんかなあ?

 刺されたら、どないすんねん!



 

  

 



 まあ、巣を襲わん限りは、刺せへんみたいやから、だいじょうび。

 一度は刺されても、死なんみたいやけど、二度目が危ない。

 抗体ができるから、それが悪さしよる。

 アナフイラキーショックというらしい。

 インフルエンザは抗体ができたらいいのに、まるで逆なんやねえ。

 日本では、年間30人は・・・・・無念にも・・・。



 わが小屋の隣の廃屋にも大きなスズメバチの巣が。

 でも、この巣も実は廃屋です。どなたも住んでません。

 

 



 昔、弟が、がきのころ、蜂の大群に襲われて、川に飛び込んだが、

 頭だけが出ていたので、そこを集中攻撃されたけど、よく生きてたねえ!

 でも、今は、頭ツルツル。後遺症かな?



 





大根、白菜がすくすくと成長

大根と白菜が順調に成長



 野菜の少ない冬を乗り切るために、

 大根と白菜を多めにつくろうとしています。

 ほとんどしろうとの私でも、いまのところなんとか順調に進んでいます。。

 下の写真は大根です。

 間引きしたくないので、少し間隔をあけて、一粒づつ種を播きました。

 

 これは、第三フアームの白菜です。

 それなりに育っています。

 

 いろんな場所に点在して、育てています。

 場所によっては、成長の度合いが全然違います。

 下の白菜はずいぶん、威勢良く育っています。なぜかな?

 

 もうすぐ、サツマイモが収穫できそうです。

 10月早々に試食できるでしよう。きっと。

 

 ニンニクも植えました。

 芽が出てきました。

 なかなか芽が出ないので、正直やきもきしていました。



 

 ほうれん草に、再度挑戦しています。

 春には完璧に失敗したのです。

 酸性土はダメと言うことなので、中和したはずなのに・・・・。

 何とか芽が出てきましたが、これからが勝負です。

 下の写真ですが、手前はネギです。

 ネギもアチコチに植えてあります。

 

 ジャガイモも順調です。

 春にもかなり取れました。

 まだ、保存してあります。



 その他には、小松菜とビタミン菜を植えました。

 秋キュウリも育ちつつあります。

 そんなにぎょうさん植えて、食べれるの?

 大丈夫、それしか食べるものが無いから、ね。

 今年は柿が豊作です。

 おやつ代わりに、毎日10個は食べています。

 栗も取れました。

 みかんが次々に実を育んでいます。

 ああ、肉が食べたい!!

 



 

 

プラナリア大量出現

プラナリア  こんな生物 あなたは知っていた?



 世にも奇妙な生き物

 それがプラナリア

 体を二つにきざめば、二つに再生

 百にきざめば、百に再生

 そんなバナナ!(馬鹿な)

 それじゃ、世の中、プラナリアだらけになるわいな!

 でも、本当だよ。

 それが、私が利用している渓流水に大量に発生しているのだ。

 隣の姪の家でも、同じ水を風呂場に利用しているから、

 風呂場が百匹前後の、プラナリアの集会場に化したようだ!

 大きさは2センチ前後

 伸びたり、縮んだり

 ヒルによく似ているが、まったくの別物

 姪にもらった10匹前後を写真に撮ったが、小さくてようわからん

 

  



 だから、下手な絵を書いた

 なんや、タコみたいやなあ

 この驚異的な再生力、医学の分野でも、どうも注目してるみたいやで

 きれいな渓流にしか住まんみたいやから、環境が変われば死による

 だから、ゴキブリとは違って、いつ滅びるか分からん

 これだけ、環境が悪くなるとプラナリアの先行き、暗いなあ。

 どうも 高く売れるらしいね?

 研究者の皆さん、安うしときますで 

 

 



 

 百足(ムカデ)を捕獲



 久しぶりにムカデを捕まえました

 15センチぐらいです

 珍しくも無いのですが、食用油に漬け込んで、傷薬を作ります

 よう効きますがな ほんまに。

 ##後日、就寝中にムカデに咬まれました。

    痛い!と思って目が覚めました。

    なんや、体がもぞもぞするぞ。

    あっ、ムカデが体を這っていやがる。

    ちくしょう、咬みやがって。

    左手の小指の付け根が痛い!

    ムカデの逆襲か!

    これは、ムカデの油漬で作った、傷薬を塗るしかないなあ。





 









  ついに第三フアームの開墾終了



 草が生い茂っていた第三フアーム 

 クワを入れただけで、こんなに雑草が山積み





 



 それが今日で、きれいになくなりました

 全部、畝と畝の間に入れ込みました

 いずれ、りっぱな肥料に変身するでしょう



 



 おかげで全身が筋肉痛、

 体へのご褒美に、奮発して隣町の「古里温泉」に行きました

 500円です ヌルヌルとして、大好きな湯です





 

巨大な雑草・茅(カヤ)と格闘

世界一手ごわい雑草・茅(かや)の群れ



              めっきり涼しくなりました。

              朝起きたら、寒いのなんのって。ブルブルブル。

              でも、農作業には最適。

              ただいま、新たなフアームを開拓中。

              耕作放棄地には、茅(かや)がびっしり。

              ここではどんな野菜も育ちそうもありません。

              つるはし1本で根こそぎ、そぎ落とします。

              おかげで、筋肉隆々。メタボもどこえやら。











             

          50センチぐらいの茅はかわいいもの。

          ひどいものは、私の背丈の2倍はあります。

          茅の葉は刃物のように鋭く、おかげで体中傷だらけになります。

          完全な土方作業、体力勝負です。











          茅葺きの家を作る人には、

          のどから手が出るほどのおいしい材料かも。

          今の私には、悪魔に見えます。

          でも少しずつ農地が増えていくのは嬉しいもの。

          白菜を植えてみました。







            ただ、元は田んぼだったので、

            畑の土壌とは質が違います。

            少し掘れば田んぼの水漏れをふせぐため、

            頑丈な地層が隠れています。

            土壌改善が次の課題です。



 マムシを捕獲



             開墾作業には別の敵もいます。

             私にとってはおいしい食材にしか見えませんが。

             そう、マムシです。









            捕獲して、ビンの水につけてます。

            胃の中の物体が完全に消化され、

            排泄されるのを待っているのです。

            身を清めているわけです。

            いずれ、誰かの食材になりますが。

            ほしい人、いませんか?焼いてもおいしそうですよ。



 いのしし肉の定食でスタミナを



            夏ばて防止にはニンニクをよく食べます。

            今回は少し贅沢をして、「いのしし肉定食」を食べました。

            いのしし焼肉、カニの味噌汁、いのしし肉の甘露煮、等々、

            6品で1000円。くせはまったくありません。

            いのししラーメンは次までお預けです。 



 





















秋の収穫に向けて開墾をやるぞ!

秋野菜の収穫に向けて、農耕を再開



       もう寒いくらいです。

       夏の暑さにばてて、サボっていたブログを書いていますが、

       聞こえてくるのは秋の蟲の大合唱。

       一番、耳に響くのが、リーン、リーン。

       そう昔の文部省唱歌にある

       「あれ スズムシも 鳴きだした リンリン リンリン リーンリン」です。

       コオロギの「リーリーリー」も。

       あとは大合唱で、何かよう分からん。

       途中で風呂に入ったら、こんな大きな虫(10センチ)が

       我が物顔に闊歩してた。

       なんやろね? 



 



       さて、秋の収穫に向けて農耕を再開します。

       第一フアームでは

       インゲンが無事成長しています。

       もうじき、収穫できます。



 

       今日、大根の種をまきました。





       第二フアームでは、

       ナスビとピーマン、ウリとかぼちゃ、しし唐が成育中。 

       ナスビが毎日、吾が輩の味噌汁と漬物に。





       ウリがおいしそう。カゴで鳥の襲撃から防衛中。



 

       第三フアームはただ今開墾中。

       今週中にはフアームとして完成予定(?)。

       右半分に、今日、白菜を植えました。

       左半分には、ジャガイモ、ネギ、タマネギ、ニンニクを植えます。

       自給分しか収穫できませんので、

       お分けできないのが残念です(ウソです)。



 

       化石燃料は極力使わないようにしているので、

       今はクワ一本の体力勝負です。

       一度、畝(ウネ)さえ作れば、後は不耕起栽培で勝負。

        請う、ご期待。

 







 

続きを読む

ワンコウォッチ[ジュエリック・シルバー]
プロフィール

    「ぎーやん」

Author:    「ぎーやん」
 定年を待たずに退職し、長年の夢だった「自給自足的生活」に、無謀にも挑戦しています。
 たった一人で、日夜、鳥獣と格闘しながら、「クーバフアーム」と名付けた里山を、試行錯誤しながら、切り盛りしています。場所は三重県の山奥。奥伊勢の一角です。
 おかげで今や、スリムな肉体に大変身。この1年で、10キロの体重減。なにやら栄養不足の影の声も・・・チラホラ?
 毎日を、上の写真のような笑顔ですごしたいものですネ。
この似顔絵は、元同僚の、招来猫子さんの作です。

連絡先 
(メール) giyan@ma.mctv.ne.jp   
   クーバフアーム所長   まで。

 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。