スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マムシ酒

             冬眠中のまむしで「マムシ酒」を作りました。

冬は、動物の活動は、極端に鈍くなります。
変温動物「冬眠」に入ります。、
恒温動物でも、シマリスやコウモリは、「冬眠」に入ります。
熊やアナグマは、冬眠に似た「睡眠」に入ります。

10月4日に捕まえて、水の中で身を清め(させ)ていたマムシも、ついに「冬眠」に入りました。
もちろん、本物のマムシですよ。
なんせ、大阪ではマムシといえば、ウナギのことなんだから・・・さ。

昨日からの急激な寒さで、この本物のマムシ君も、ピタリと動きを止めてしまいました。
最初は、お陀仏かな、と思ったのですが、・・・・。

CIMG5159.jpg

CIMG5161.jpg

2ケ月間、食事抜きで、糞を出し切り、胃・腸の中が空っぽになり、水のにごりもなく、
これ幸いとばかり、いよいよ「マムシ酒」を作ることにしました。

ウイスキーの空瓶に、マムシ君を尻尾から入れます。ピタリとも、動きません。
そこへ焼酎を入れます。焼酎は20度の安物しかなかったのですが、
本来は25度以上がいいようです。腐らないから。

しばらくは、マムシ君は微動だにしなかったのですが、
焼酎を飲んだためなのか、外にでようと、「昇り竜」のように、ふたをつつき始めました。
「俺を、外に出せ!」と、酔っ払いのように、叫んでいます?
無視、無視!。

CIMG6424.jpg

CIMG6425.jpg

この状態で、半年以上、寝かせます。

下の写真は、すでに半年以上寝かせた「マムシ酒」です。
二匹、入っています。
20度の焼酎と、姪からもらったホワイトリカー酒の、チャンポンです。
琥珀色になって、いかにも効き目ありそうです。
何の効き目ですって?それは、・・・ナイショ。

CIMG6427.jpg

私の小屋には、皮を剥ぎ、内臓を取り去り、乾燥したマムシの骨があります。
これは「反鼻(はんぴ)」という漢方薬として、滋養強壮剤になります。

CIMG6428.jpg

胆嚢を乾燥したものは「蛇胆(じゃたん)」とよばれ、これも滋養強壮剤となります。
反鼻や蛇胆は、「マムシドリンク」などに使用されているようです。

私は、胆嚢は、そのまま、生でゴックンコです。
別に、美味しくはありません。
効き目の程は・・・・、良くワカリマシェン。

補足。

ウナギのことを、マムシとよぶのなら、
ついでに、ウナギの代わりに、マムシを蒲焼にして食べたら、どうだろうか?
夏バテ防止には、絶大な効き目があるだろうに・・・?
黙って食べさせたら、きっと、「美味しい、美味しい」というはずだが。
クーバフアームに来たら、ここの食事に気をつけてチョ。

京大の霊長類研究所によれば、人間はどうも「本能的にヘビを怖がる」ようだ。
「狩猟・採取をしていた時の習性が残っていたのではないか」というのだが。
確かにヘビ嫌い人間が多いね。
ヘビの雌雄を見分ける姪は、別格かな?


スポンサーサイト

「北海道の料理」を堪能

      北海道の「海産物料理」舌鼓(したつづみ)
          にご馳走をしてもらいました。

めちゃくちゃ美味しい料理を、堪能しました。
「北海道の海産物」を使った、姪自慢の、手料理です。
親父さん(私の義兄)からの「お土産」のようです。

太陽が沈みました。夕食タイムに突入です。

CIMG5209.jpg



私は、「ホッケ焼き」のみを担当しました。
大きなホッケなので、メガネストーブに火をいれ、網を二枚のせて焼きました。
このストーブは、なかなか重宝しています。2000円ぐらいですが。


CIMG5217.jpg

CIMG5218.jpg

CIMG5219.jpg

さて、これが今夜の料理の一部です。
海産物のお刺身、ホッケ焼き、わかめの味噌汁、肉じゃが、茶碗蒸し。
みんな、北海産のものが入っています。
刺身が苦手な時丸君は、ホッケにかじりついています。
白いご飯の上に、これからイクラをたっぷりと乗せるところです。

CIMG5220.jpg

見てください。この贅沢を。生まれてはじめての、「贅沢イクラどんぶり」です。
これだと、幾らぐらいするんでしょうかネ?高そう!

CIMG5223.jpg

あわびホタテ、見ている人は、たまらないでしょうネ。
ああ、コリコリして、ウメエ。ホンワカしてウメエ。

CIMG5221.jpg

完全に、皿からはみ出しています。
これで、ビールがあれば、最高なんですが・・・?
でも、そんな大それた要求は、決してしませんから。

CIMG5222.jpg

ネコの福ちゃんも、あまりに大きいので、股をおっぴろげて、抱え込んでいます。
「あちきも、ご馳走に、なれるんかいな?」と、いぶかしげに、見ています。
大丈夫、残りの骨は、もらえるはずですから・・・?

CIMG5227.jpg

以上、姪の家での「北海産料理」の晩餐会でした。
ご馳走さんでした。







ワンコウォッチ[ジュエリック・シルバー]
プロフィール

    「ぎーやん」

Author:    「ぎーやん」
 定年を待たずに退職し、長年の夢だった「自給自足的生活」に、無謀にも挑戦しています。
 たった一人で、日夜、鳥獣と格闘しながら、「クーバフアーム」と名付けた里山を、試行錯誤しながら、切り盛りしています。場所は三重県の山奥。奥伊勢の一角です。
 おかげで今や、スリムな肉体に大変身。この1年で、10キロの体重減。なにやら栄養不足の影の声も・・・チラホラ?
 毎日を、上の写真のような笑顔ですごしたいものですネ。
この似顔絵は、元同僚の、招来猫子さんの作です。

連絡先 
(メール) giyan@ma.mctv.ne.jp   
   クーバフアーム所長   まで。

 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。